弊所を選んで欲しい理由

1. 弊所のスタンス

 皆様から弊所を選んでいただきたい理由を端的に申し上げれば、貴社の事業全体の環境の把握に努めながら、今後の事業の成長に向けた視点で貴社と一緒に考え、収益の極大化に向けた最適な知財の在り方を貴社と一緒に考える、そんなスタンスを持つのが稲葉特許商標事務所だからです。

 発明の内容や商品・製品の特徴をお聞かせいただき、的確な権利化の途を考えるのは勿論ですが、その権利が貴社の事業内容とどのような関連性を持ち、将来あるべき姿を模索・確認する中で、あるべき書面の形と、あるべき貴社の事業プロセスをともに考えるスタンス、と言っても良いかもしれません。
 なぜならば、いくつかの特許や商標登録によりそれぞれの権利が取得されたとしても、それにより、商品・製品の出荷量の増大が直接的に保証されたり、その事業による利益率が直ちに向上されるものではないからです。

 言い換えれば、弊所のスタンスは、貴社の内部情報以外に、真の顧客は誰であるか、その顧客を取り合う相手である競合他社はどの会社であるのか、競合他社との間における競争軸は、技術であるのか、価格であるのか、若しくはサービスであるのか、等々を、弊所が一方的に貴社にお話するのではなく、貴社からよくお聞きする、というスタンスです。

 弊所が、こうしたスタンスを採る理由は明確です。特許権等の知的財産権を取得しようとする最終的な目標(ゴール)は、貴社の成長であって、各種の権利化はそのゴールに向けた単なる通過点に過ぎない、と理解しているからです。
 敢えて、特許権等との関連性で記載すれば、企業内部における研究開発が困難である場合には、国や研究機関が取得した(開放)特許を探索・発見し、対象となる技術の完成度やライセンスの条件等を確認しながら、特許技術を貴社の商品に適用できるか否かをご提案したり、他社の特許権の侵害を回避する手段・方法等をご提案し、或いは、商標の関連で記載すれば、特定のネーミングに関し、それが商標登録可能か否かの判断以外に、そのネーミングは貴社の顧客との関係で最も適したものであるか否かも、一緒になって議論し検討したい、検討すべきだと考えているのが弊所です。

 「貴社のお話をよくお聞きする」のは、このために他なりません。安価で精度の高い商品を自前で量産し、広告宣伝費にも十分なコストを負担できるというような環境とは言えない場合、どのような方法で顧客に自社商品を知らしめ、購買につなげていき、次の開発に結び付けていくのか、貴社だけの努力では困難な場合、誰と協力しながら、どのように利益分配をするのか。現在お付き合いをしている会社でも、その課題は様々です。会社の規模とは無関係のようで、尽きることがありません。
 弊所は、知的財産権の分野を軸足に取りながら、こうした様々な課題を貴社と一緒になって考える事務所です。

2. 経験値

 稲葉特許商標事務所は、平成2年に開業しております。開業前の実務経験まで入れますと、30年以上に亘って中小企業の経営者の方々に支えていただき、今日に至っております。この間には、様々な失敗もあるのですが、同時に、知財を活かしながら現在では米国や東南アジアに拠点を置くまでに成長された企業にも、弊所が関与できた、という喜びもあります。

 こうした会社が成長された源泉は、言うまでもなく、知財だけではありません。むしろそれは、業界の動向を的確に把握され、それを元に、同業他社との競争軸の特定や、自社の事業領域の把握、知財に対する考え方、それを生みだす社内組織の在り方等を、正に戦略的に立案・実行されたことにある、と思っています。
 弊社の経験値は、こうした企業の経営者とのコミュニケーションによるものと理解しています。こうしたコミュニケーションの「場」は、お越しいただいた弊所や、皆様の事業所ばかりではありません。国内の展示会はもとより、海外の展示会の現場で、実際の製品・商品やパンフレット等も拝見しながら、同業他社の技術も拝見し、その上で、今後の成長に向けた“あるべき姿”を模索する目的で、弊所は情報交換を行って参りました。ですから、弊所がこれまで培うことができた経験値は、口頭のレベルや書面のレベルのものではありません。また、弊所がこうした経験値を積み重ねることができた理由は、経営者の方々からの“お声掛け”のお蔭でもあります。
 弊所は、今後もこうした経験値を更に積み重ねながら、ご期待に応えられるよう努力して参る所存です。